ローカル・ルールス/LOCAL RULES

1.アウト・オブ・バウンズの境界は白杭、修理地は青杭または白線をもって表示する。

2.ウォーターハザードの境界は黄杭又は黄線を以って表示する。

3.隣接するホール相互間において白杭を越えた球はOB球とする。

4.クローズド(closed)の標示のある予備のグリーンはプレー禁止の修理地とし、
その上に球が止まっているかスタンスがかかる場合は、規則第25条第1項b(i)により、
区域外に球をドロップしてプレーしなければならない。

5.特設ティが設置してあるホール(東2・4番、西3番、中1・2・5・6・7・8・9番)において、
第1打がアウトオブバウンズ球又は紛失球となった場合は、
次のいずれかの方法でプレーしなければならない。
1.前方の特設ティより第4打としてプレーする。
2.第1打を行った場合に再びティアップし第3打としてプレーする。
しかしその球が再びアウトオブバウンズ球または紛失球となった場合は、
前方の特設ティより第6打としてプレーする。

6.樹木保護のための巻物施設(巻網等)は、樹木の一部とする。

7.スタートのティーグランド周辺及びラウンド中のすべての練習ストロークを禁止する。
但し、指定の練習グリーンにおけるパッティングの練習は除く。

8.グリーン又は予備グリーンから2クラブレングス以内にある固定スプリンクラーヘッドが、球から2クラブ
レングス以内にあり、プレーの線上に介在する場合に限り、無罰で救済を受けることが出来る。

9.スルーザグリーンで自分のピッチマークに球がくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げ拭き、ホ
ールに近付かず、しかも球の止まっていた箇所に出来るだけ近い所にドロップすることが出来る。
備考このローカル・ルールスの追加又は訂正は随時クラブハウスに掲示し、その日から効力を発する。

上記以外の事項はすべてJGA規則による。

倶楽部からのお知らせ一覧

コンペのお知らせ一覧